コンテンツへスキップ

子育てしやすく、毎日顔を合わせられる空間

子供がいる場合、家を建てるにはどうしても子供中心で生活しやすいデザインになってしまうと思います。逆に子供がいない場合は、子供の成長を考える事もなく、自由で自分好みの空間にできると思います。私の場合、子供がいるので前者になります。子供は日に日に成長していくので、考えなくてもよいと思う人はいるかもしれませんが、たった何年かの事であっても子育てしやすい住まいはとても重要になります。一番に考える事は子供がケガをしない事、全ての範囲で親の目が届く事だと思います。子育てしながら家事をしなければいけません。キッチンから死角があった場合、赤ちゃんを確認しながらの作業は意外と時間がかかり、面倒なものです。また、赤ちゃんもママの顔が常に見えていれば、安心してぐずる事も少ないです。なので、まずは子育てしやすい、全ての場所から子供が見えるようなデザインにしました。

もう一つのこだわりは、こどもが思春期を迎えた時を考えました。話す事も少なくなり、親と顔を合せるのが嫌になるかもしれません。それでも、1日1度は顔を合せなければいけないデザインにしました。2階に行く階段を玄関から直結するのではなく、居間の中心、キッチン脇に設置しました。また、子供部屋は夫婦寝室の真向かいに設置しています。これで陰ながら子供を見守れるのではないかと思っています。子供中心の間取りとなっていますが、壁紙や建具などにこだわり、それなりに満足な心地よい住まいです。