コンテンツへスキップ

注文住宅の理想と現実

我が家は今まで集合住宅にしか住んだ事がありませんでした。
でも、そのマンションを売って注文住宅を建てました、かなり理想と現実との差があり、満足した住宅が建てる事が出来ませんでした。

かなり妥協をした部分があり、その後住みにくさを感じる事があります。
それを1番に思う事は日当たりです。

土地がどうしても日当たりがあまり良い場所ではなかったので、本来ならトップライトなどを付けて明かり取りが欲しいところでしたが、予算の関係でそれは出来なかったので日当たりが悪い部屋だと、お天気が良い日でも電気を付けないといけなかったり、冬はとても寒く暖房費が掛かってしまうので、その結果、少し予算をオーバーしてもトップライトは付けるべきだったと家族と話していました。

建てた家に後から屋根にトップライトを付けると雨漏りがする可能性があるらしいので、住宅を理想通り建てる事はとても難しい事なんだと感じました。

予算がギリギリだと注文住宅はかなり大変だなと思った事でした。